クレジットカードの暗証番号の謎

買い物をした際、支払いにクレジットカードを使ったとします。その際、カードの持ち主本人であることを証明するために行うのが、サインや暗証番号入力です。利用先によってどちらを求められるのか異なる場合もあり、そうすると何のために暗証番号はあるのかと、不思議に思われた方はいないでしょうか。


<実は、持っているカードによってどちらかが決まっている>

あまり意識していないと気付かない場合も多いのですが、クレジットカードにはICチップを内蔵しているものと、磁気テープでデータを読み取るものがあります。ICチップのカードの場合は、基本的に暗証番号を端末に入力して使用することになります。カードが磁気テープの場合は、サインまたはサインレスというのが一般的です。


<ICカードでのサイン対応も可能?>

しかし、中にはICのクレジットカードを持っていても、暗証番号を使わずにサインで決済したいという人もいます。聞いて納得のその理由は、万が一カードが不正利用された際、その決済が暗証番号で行われていると、補償の対象外になるというルールがあるからです。カード会社が、「暗証番号は他人に推測されにくい番号を・・・」とくどいぐらいに繰り返す理由はここにあります。こう聞くと、暗証番号の設定は慎重に行わなければと実感させられます。