クレジットカードの利用を自分のなかでセーブする

クレジットカードでの決済で行えるのはやはり一番のメリットでありカード会員だけのサービスでしょうか。会員が受けられるサービス。優先的に他の非会員が受けられないサービス。
カードを持っていないと絶対にこのメリットを感じることはできません。
現金決済は確かにお金の管理が楽です。目に見えて財布からお金が減っていけば今どれくらいお金を使っているのか。まだどれくらいお金の余裕があるのかを把握しやすいです。
ですがそれだけです。管理が楽、支払いが確実というメリット以上のものを手に入れることはできない。
もっと多くの特典を感じながら、生活を維持していくにはクレジットカードの存在は不可欠です。


クレジットカード無しで生きていくということ

現金決済だけでこれからも生活するということ。
ここには大きなリスクもないでしょうがリターンも望むことができません。確かにカードを使うと限度額いっぱい使いすぎてしまう、まるでキャッシングがどんどん自分にのしかかってくるような負担が大きくなってくるでしょう。
でもある程度のリスクを覚悟しないとリターンを収めることができないのです。お金の管理をカードにて行うということ。ここには確かに危険すら伴いますが、うまくいけば関らずメリットを手に入れることができるはずです。


カード地獄にはまってしまうということ

カード決済に頼りすぎて、複数のカード利用代金に追い立てられることだって珍しくありません。あまりにも便利なカードでの支払い。ですが気を付けて自分の中でセーブして支払いを行うことを常に考えておかないとあまりにも危険です。
カードをたくさん使って楽さんのカードを限度額いっぱいまで使ってしまうなんてことは止めて、ここぞというところで自分のカードを使って、そこでサービス、特典を受けておきましょう。