クレジットカードと電子マネー

クレジットカードを選ぶ際には、電子マネーのオートチャージについても考えておく必要があります。電子マネーは実際の貨幣の代わりに利用できるポイントなどを予め購入しておき、それを利用して決済できるサービスです。なぜクレジットカードのことを考えるのに、電子マネーのことも考えなければいけないのか疑問に思う方もいるかもしれません。しかし電子マネーで決済するとポイントがついてその分お得になることがあるので、一度考慮しておいた方がよいでしょう。


<電子マネーの利用でポイントが増える>

クレジットカードで電子マネーをチャージすると、カードの利用ポイントがつきます。その後電子マネーの利用でもポイントがつくので、その分お得になります。しかしいくらお得でもいちいちクレジットカードで電子マネーを購入するのは面倒ということで、オートチャージ機能をつけるのですね。

電子マネーにはnanaco、楽天Edy、PASMO、WAONなどがあります。よく行く店舗でそれらの電子マネーが利用できないか確認してみましょう。電子マネーのオートチャージ機能を使うには、多くの場合予め最低金額を設定しておくなどの申請が必要です。自分の利用したいクレジットカードと目的の電子マネーとの連携の状態、そして獲得できるポイントなどは事前によく確認しておきましょう。

クレジットカードについてくる保険を活用しよう

クレジットカードには有料でつけることのできる保険があります。医療保険などもありますが、中には入っておくと安心のサービスを展開しているものもあるって知っていますか?特に水回りや車のキー閉じ込みなど身近なトラブルに対応してくれるサービスが充実しているのです。


クレジットカードで支払いなので忘れることもない

これはクレジットカードの会員を対象に販売されている保険です。この保険の中でも注目を集めているのが、車のキー閉じ込みやトイレや排水溝の水つまりなどに24時間対応してくれるライフサービスです。中には医療機関をその場で検索できるものなどもあることから、いざというときに頼れるサービス内容となっているそうです。個々に保険に入ると、保険にかかるお金が大きくなってしまいます。そこで浅く広く、カバーしている保険が人気なのだそうです。


予期せぬ起こるトラブルが厄介

特に一人暮らしなどをしていると、うっかり会社に家の鍵を置いてきた、ということがないわけではありません。自分しか鍵を持っていないのですから、なくしたらおうちに入れないですね。そこで、この保険では年に1回まで鍵の紛失などトラブルを無料で対応してくれます。また、無料でないものでも、スペアキーの作成や引っ越し業者の検索など、あると便利なサービスが多いのが特徴です。

クレジットカードは何をポイントにして選ぶ?

今では色々なクレジットカードがありますが、選ぶ際に困ったことはありませんか?
カードの種類が豊富すぎて悩みすぎ、結局決められずに見送ってしまう、という方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
今ではクレジットカードに関する人気ランキングなどが掲載されていますので、そういったものを参考にすると良いかもしれないですね。
どのようなクレジットカードが人気なのか、みんなはどんなカードを持っているのかなども知ることが出来ますので非常に良いかと思います。
ランキングはサイトによって異なっているみたいですので、なるべく複数のサイトを覗いてみる方がよろしいかと思います!


クレジットカードは目的に合ったものを選ぼう!

皆が持っている人気のクレジットカードを持つのも良いですが、できればご自分に一番合ったものを選ばれるのが良いかと思います。
例えば、年会費を比較して選ぶ、海外旅行の際お得なカードを選ぶ、またはキャンペーンで比べて選ぶ。
選び方は人それぞれだと思いますが、サイトを覗いてみると更に項目が分かれていますので選びやすいかなと思います。
クレジットカード比較ナビなどといったサイトに行きますと、項目が多く分かれていますので探しやすいですし情報もしっかりしていますので困っている方やお悩みの方には非常にお勧めだと思います!


利用する上で気を付けていただきたいこと

やはりカードを利用する上で気を付けていただきたいことがあります。
それはむやみに使いすぎてしまわない事です・・・いくら便利だからと言ってむやみに使いすぎてしまいますと、後々困ったことになりますし返済が出来なくなってしまった、という事態にもなりかねますので気を付けていただければと思います!

クレジットカードを使わずに支払いをしたい場合

インターネットでゲームするときのアイテム購入や音楽や電子コミックなどをダウンロードをする際の支払いにクレジットカードを持っていなくては出来ないと思いがちですが、クレジットカードを持ってなくても、また持っていてもインターネット上で利用するのは不安でいる方もウェブマネーであれば支払いも安心して行うことができます。


クレジットカードいらずのウェブマネー

ウェブマネーはインターネット上で利用できるプリペイド型電子マネーです。
ウェブマネーはコンビニなどで気軽に誰でも購入ができ、プリペイド番号を発行してもらいます。
ゲーム上での欲しいアイテムやダウンロードで音楽などを購入するときに、その番号を入力して支払いを行います。
クレジットカードと違い個人情報などの登録もないので安心して利用ができ、
またプリペイドなのであらかじめ購入した分しか支払いできないため、
クレジットカードと違い、もうすごくお金を使ってしまう心配もおきにくくなります。


利用できるコンテンツは増加中

現在はゲームやダウンロードの利用だけでなくクーポンサイトや
本やCDなどを購入できる様々なショップで利用も可能になってきています・
またコンビニ購入だけではなく、インターネットでウェブマネーを購入することもでき、
その場合はクレジットカードかインターネットバンキングが必要となります。

クレジットカードの住所変更について

クレジットカード作る際、個人情報の登録をします。その際に住所を必ず登録します。この住所、もちろん引っ越しなどをすれば必ず変更をしなくてはなりません。この住所変更を更新しなかった場合はどのようになるのでしょうか。


クレジットカードの住所変更

クレジットカードの住所変更をしなかった場合、以前の住所へ請求書や、カードのお知らせが届くことになります。請求書に関しては個人情報ですので、これがもしかすると他人の手に渡り、悪いことに利用されてしまうかもしれません。


自動更新がされた場合

基本的には、クレジットカードの更新は、更新料が無料でも有料でも、自動更新されます。すると、クレジットカードが前の住所に届きます。クレジットカードはお金と同じものなので、書留で送られてきます。郵便ポストに入れて終わりという事にはなりません。ですので、もし前の住所に届け、カード登録本人の住所でないと分かった場合、カードの登録は取り消されてしまいます。退会手続きが取られるという事です。ですので、万が一、住所変更をしないまま更新がなされた場合は、基本的には自動的に退会となり、知らない間にずっと更新料を取られているという事は無いでしょう。

クレジットカードの選び方

現在お手持ちのクレカは、今のあなたの生活に馴染んでいますか。もしかしたら、クレカを変える事でより効率的にポイントを貯める事ができるなど、不要な年会費をカットする事も可能です。
もっとクレジットカードについて知りたい方におすすめ⇒当ページではクレジットカードの選び方にスポットライトを当てておりますが、審査や限度額やキャンペーンなど、もっとクレジットカードを詳しく知りたい人向けのサイトです。


クレジットカードをむやみに作らない

クレジットカードを作る時の動機はなんでしょうか。二十歳を過ぎれば、誰でも自分の意思で作る事ができるクレジットカードですが、最初の内は知識が少ない事が多いはずです。休日にお買いものに行ったデパートの系列カードがキャンペーン中につき契約により即日利用可能なお買いもの券をゲットできるというようなメリットだけでクレジットカードを作る方は多いようです。カードなんて何枚もっていてもデメリットはないだろう。そんな風に考える方は多いでしょうが、実際にデメリットはゼロではありません。


本当に有益な一枚を見つける

新規のカードを作るという行為それだけでクレジットヒストリー(クレカの信用情報)の評価は下がってしまいます。勿論、大きな減点はなくエラーなく使い続ける事で評価を上げていく事ができますが、無用なクレジットカードを増やす事は好ましい事ではありません。クレジットカードを新規でお考えの方は、自分がカードを利用する頻度と、求める機能を明確に持つ事が大事です。

<参考リンク>
クレジットカードのおすすめランキング
(http://www.creditcardranking.biz)

ポイントが貯まりやすいカードはこれ!

どうせクレジットカードを持つならポイントは貯まりやすい方がいいですよね。クレジットカードで貯まったポイントはその他のサービス機関のポイントに移行が出来たり、お金を出してわざわざ買うのは躊躇うけどポイントでもらえるなら使ってみたいという高価な商品がもらえたりと、様々なメリットが目白押しなので上手に貯めていきましょう。


クレジットカードのポイントを貯めるには

クレジットカードのポイントを貯めるコツとして光熱費をカードで支払うなどスタンダードな方法ももちろんやるべきですが、その前にやらなくてはいけないのは「そのカードはポイントが貯まりやすいかどうか」を考えることです。あなたのライフスタイルによって貯まりやすいカードというのは異なってきます。


月々の支払の中で一番高額なのは?

人によってはスーパー等での買い物の支払いが一番高いという人もいれば、洋服代や携帯代が一番高いという人もいると思います。その人によって一番高い金額を支払うものというのは大きく異なるのです。その一番高い金額を支払っているところのカードを持つのが一番効率のいいポイントの貯め方だといえます。どこで一番お金を使っているかをもう一度思い出してみられてはいかがでしょうか?

クレジットカードの引き落としトラブル 

クレジットカードの利用者の中には、翌々月支払日に引き落としエラーを起こしてしまう方がいます。その多くは「うっかり」としたミスが原因のようです。そのようなミス一回では大きなトラブルと認識されませんが、信用情報には記録がついてしまいます。


クレジットカード履歴と審査

正確に言うと信用情報の一部を構成するクレジットヒストリーに記録が残ります。ご存じの通り、信用情報はクレジットカードやカードローン審査時に重要な評価材料になります。人生には思っていたよりもローンを利用する機会が多くあります。教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどカードローン以外にも一般的に利用されているものは数多くあり、その際に信用情報は厳しくチェックされてしまいます。また、低所得者の審査の時には年収よりも返済能力の方を重点的にチェックする傾向があるようです。そのような流れから考えても優良なクレジットヒストリーを保つ事は重要なのです。


うっかりミスをなくす機能

クレジットヒストリーのスコアを維持する効果的な機能として注目されているのが自動キャッシングシステムです。自動キャッシングシステムでは口座残高が不足している場合にのみ自動キャッシングによって不足分の補充が行なわれます。これにより、「うっかり」したトラブルをなくす事ができます。

クレジットカードの返済について

クレジットカードはとても便利でとても心強い存在なのですが、しかし使い方を間違えてしまうと返済に追われることにもなり兼ねません。ではどうすればクレジットカードを上手に使えるのでしょうか?その方法をご紹介しています。


クレジットカードの返済に困る前に

クレジットカードの返済に困ってしまう人の理由第一位はキャッシング機能でお金を借りてしまっているということです。そして何でも分割で買ってしまうというのが第二位です。まずはキャッシング機能でお金を借りてしまうと何故返済に困るのかを解説します。本気で困った時に1万や2万くらい借りる分には平気ですが、怖いのはキャッシング可能残高を、貯金残高のように錯覚してしまうようになることが一番怖いのです。利用したことがない方には有り得ないと思えるかもしれませんが、この錯覚は誰にでも起こりうることです。


分割払いばかりの人も要注意

分割払いの一番怖いところは、自分が今いくら使っていて、翌月にはいくら返済しなくてはいけないのか分からなくなることです。もしあなたが現状でその状態に陥ってしまっているのなら、悪いことは言いませんからクレジットカードはタンスの奥にでもしまって二度と使わないようにしましょう。
逆に言えばこの2点さえ気を付けていれば大丈夫です。

学生の間からクレジットカード

数あるお金を借りる為の商品の中でもクレジットカードの特徴の一つは、18歳の学生でも持つ事ができるという点です。勿論20歳以下という事になると親の承認などが必要になってきますが、それでも作れる事には変わりません。


どんなクレジットカードなら作る事ができるのか

ただ、学生の方でも全てのクレジットカードが利用できるというわけではありません。学生の方、特に年齢が20歳に満たない人が狙うのは基本的に「学生カード」や「学生専門」のクレジットカードになります。ただ学生カードとはいえ、ショッピングでの利用や限度枠など基本的なサービスは殆ど通常のカードと変わりません。ただ、キャッシング利用には制限がある事だけ留意しておきましょう。


学生の間にカードを作るメリット

クレジットカードの利用枠を増やす、あるいは1ランク上のカードを手に入れる為には、あなたのクレジットヒストリーと呼ばれる利用履歴が不可欠です。それも滞納や未払いの無い、尚且つ持っているだけではなくちゃんと一定額使っている履歴です。クレジットヒストリーを築き上げていくのは通常長い年月を必要としますが、学生の間からクレジットカードを持つ事により通常より早くより上質なカードを手にする事ができるのです。また学生カードは学生期間が終わると自動的に通常のカードへ昇格する為、通常の審査より学生カードの方が突破は楽だという声もあります。

クレジットカードで公共料金を支払うメリット

クレジットカードで一度引き落としを行って、毎月必ず出ていくお金を管理する家庭が増えてきています。公共料金もクレジットカード決済にすべて対応しており、カードが利用できないお店も非常に少なくなってきています。学生専用のカードなども誕生していますが、カードを利用するメリットはなんのでしょうか?


ポイント還元などでお得になることも

多くのクレジットカードは利用金額に応じて、ポイントを還元するサービスを行っています。このポイントは電子マネーや実際の支払いに利用できる、商品と交換できるなど、サービスの範囲内で自由に利用することができます。カードを選ぶときはこのポイントの還元率の高いものや、年会費など余計なお金がかからないものを選ぶようにしましょう。


家庭でかかるお金が一目で分かる

まず、公共料金は毎月どの家庭でも必ずかかってしまうお金です。これらをクレジットカード決済にすることで、毎月かかるお金を一括で管理することができます。カードの明細書には何にいくら利用したかが必ず明記されているので、振込用紙や引き落としを記帳した通帳などとのにらめっこも必要ありません。年間で保存して比較を行えば、どの季節に何の料金があがるのかなども確認することができます。家計費の管理の面でもカード決済にすると面倒な手間が省けるのです。

クレジットカードの支払方法

クレジットカードには、支払方法が複数あります。一括払い・ボーナス払い・分割払い・リボルビング払い。ここでは、その支払い方法の説明とメリットをご紹介します。一括払いに関しては、その名の通り一回で支払う方法です。ボーナス払い同様、手数料がかかりません。基本的には、クレジットカード利用後、次月の支払になります。一日でも返済を遅らせたいという人は、締日の次の日に買い物をすれば、次の支払いまではだいぶ期間を持てることになります。手数料はかけたくないが、少しでも支払を遅らせたいという人にはオススメです。

クレジットカードの分割払いとは

自分で分割する回数を決めます。支払額は、合計金額を分割数で割った数になります。一回の支払が安くなりますし、完済期限が決まる為、管理がしやすいのがメリット。ですが、もしも毎月分割で買い物すると、その分毎月の支払が増えてしまうので、買い物が続くようだと、しっかりとした管理が必要になります。

リボルビング払い

リボルビング払いは、毎月買い物をしたとしても、毎月返済額を1万円と決めていればそれ以上の支払になることはありません。どれだけ毎月買い物をしても、毎月の支払いが決められていれば、生活がとてもしやすくなります。ですが、リボルビングのデメリットは、完済までの期間が長い、また、いつになるか特定されないところにあります。